沖縄銀行カードローン「チェキット」

更新日:2018年2月19日 公開日:2018年2月19日41 view

この記事では、沖縄県那覇市に本店を置く沖縄銀行のカードローン「チェキット」について詳しく解説していきます。この「チェキット」は、金利14.6%、限度額10万円〜200万円(10万円単位)というスペックとなっています。固定金利14.6%で上限200万円となるため他社銀行カードローンよりも低スペックに感じてしまうかもしれませんね。

しかし、沖縄銀行カードローン「チェキット」は口座不要、来店不要でカードローン契約可能なので、サクッと手軽にキャッシングできるのは大きな強みとなるでしょう。

沖縄銀行カードローン「チェキット」の審査基準は?

沖縄銀行カードローン「チェキット」の審査基準は?

まず、沖縄銀行カードローン「チェキット」への申し込み対象となる人から確認していきましょう。この「チェキット」ですが、どのような人が申し込めるのでしょうか。

沖縄県内在住の人が申し込める

この沖縄銀行カードローン「チェキット」は、沖縄銀行の営業エリアである沖縄県に住まいがある人が申し込み対象となります。また、公式サイトには「転勤等による県外赴任者を含む」との記載があるため、沖縄県を拠点とする人は沖縄銀行カードローン「チェキット」へ申し込めます。

これらの対象外の人は残念ですが沖縄銀行カードローン「チェキット」には申し込めないため、他社のカードローンを検討してみましょう。

沖縄銀行の口座がない人も利用できる!

また、銀行カードローンとしては珍しく、利用先銀行の口座(=沖縄銀行の口座)がなくても申し込み〜キャッシング可能となっています。ただし、沖縄銀行の口座の有無によって、「ATM・店頭入金タイプ」「口座振替タイプ(自動引落し)」の2つの返済タイプに分かれる点に気をつけておきましょう。

満20歳以上70歳未満の人が申し込み可能!

沖縄銀行カードローン「チェキット」への申し込み対象年齢は、満20歳以上70歳未満となっています。他社銀行のカードローンと比較しても高齢の人も利用できるんですよね。

年齢制限により他社カードローンへ申し込めなかった人も、この沖縄銀行カードローン「チェキット」なら申し込める可能性があります。

安定した収入があればカードローン「チェキット」への申し込みOK

沖縄銀行カードローン「チェキット」の公式サイトには「安定した収入のある人」との記載だけがあります。他社のカードローンであれば、「パートやアルバイト」の人の利用について明記されている場合がほとんどですが、沖縄銀行カードローン「チェキット」には利用者のステータスについての記載がありません。

カードローン「チェキット」は消費者金融が審査を行う

しかし、公式サイトの申し込みページ内を確認すると、カードローン「チェキット」の保証会社はSMBCコンシューマーファイナンス株式会社としっかりと明記されています。このSMBCコンシューマーファイナンス株式会社とは、三井住友フィナンシャルグループの完全子会社で「プロミス」を運営する消費者金融なんです。

また、カードローンの保証会社は、カードローンの審査も行なっているため「チェキット」の審査は消費者金融が行なっていると考えられるんです。

パートやアルバイトの人も審査通過を期待できる

SMBCコンシューマーファイナンス株式会社が保証会社となっている他社カードローンでは「パートやアルバイト」の人の利用も可能な場合が多いため、この「チェキット」でもこれらのステータスの人も申し込み〜審査通過を目指せる可能性が高いでしょう。

沖縄銀行カードローン「チェキット」での最短キャッシング方法

沖縄銀行カードローン「チェキット」での最短キャッシング方法

この沖縄銀行カードローン「チェキット」を最短で利用する手続きの流れを確認していきます。

沖縄銀行カードローン「チェキット」での最短キャッシング

  • ①沖縄銀行カードローン「チェキット」へ申し込む
  • ②電話により審査結果の連絡がある
  • ③郵送でローンカードと契約書類が届く
  • ④申込書、契約書、本人確認書類を返送する
  • ⑤沖縄銀行に書類が届いたらローンカードが使える

①沖縄銀行カードローン「チェキット」へ申し込む

沖縄銀行カードローン「チェキット」へ申し込みます。申し込み方法は、パソコン・スマホ、電話、郵送、FAX、携帯電話(ガラケー)から申し込み可能です。パソコンやスマホからの申し込みがおすすめの方法です。

申し込み時に難しい入力項目もありませんので、使い慣れたパソコンやスマホであれば、5分程度あれば申し込みを完了できるでしょう。

②電話により審査結果の連絡がある

「チェキット」への申し込みが完了すれば、沖縄銀行(SMBCコンシューマーファイナンス株式会社)で審査が行われます。また、審査結果の回答は電話により行われるため、いつでも電話に出られる状態にしておきましょう。

③郵送でローンカードと契約書類が届く

カードローン「チェキット」の審査に通過した後、自宅にローンカードと契約書類が届きます。契約前にローンカードが届くのですが、この時点ではまだ利用できないので注意しておいてくださいね。

④申込書、契約書、本人確認書類を返送する

自宅に届いた申込書、契約書とともに、運転免許証のコピーなどの本人確認書類を同封して沖縄銀行へ返送しましょう。

⑤沖縄銀行に書類が届いたらローンカードが使える

沖縄銀行に必要書類が届けば、その後からカードローン「チェキット」のローンカードを利用できるようになります。「チェキット」では沖縄銀行ATMの他に、ゆうちょ銀行ATMなどから手軽にキャッシングできるんです。

沖縄銀行カードローン「チェキット」の最短キャッシングは10日前後

沖縄銀行カードローンの「チェキット」では、審査日数や郵送での手続きにかかる日数を考慮すると、申し込み〜キャッシングまでには最短でも10日前後ほどかかるでしょう。即日キャッシングは不可能と考えられるため、「今すぐお金をかりたい!」という人は、キャッシングまでスピーディーな消費者金融のカードローンなどを検討してみましょう。

沖縄銀行カードローン「チェキット」でいつでもキャッシングするために

沖縄銀行カードローン「チェキット」をいつでも利用できるようにするためには、前もって契約しておく方法もおすすめです。「チェキット」ではカードローン契約手数料やローンカード発行手数料が無料となっているため、先にカードローン契約しても損することはありません。時間に余裕があるタイミングには是非「チェキット」への申し込みを検討してみてくださいね。

沖縄銀行カードローン「チェキット」はこんな人におすすめ!

沖縄銀行カードローン「チェキット」はこんな人におすすめ!

沖縄銀行カードローン「チェキット」をおすすめしたい人を解説していきます。これから紹介する項目に当てはまる人は、便利に「チェキット」を利用できる可能性があります。

  • 沖縄県内に住んでいる人
  • 自分のステータスに自信がない人
  • カードローンの毎月の返済額を小さく抑えたい人

沖縄県内に住んでいる人

沖縄銀行カードローン「チェキット」は、沖縄県内に住んでいる人が申し込めます。カードローン「チェキット」は沖縄銀行の口座不要、来店不要でサクッとお金を借りられるので、沖縄県の人でキャッシングを探している人は、ぜひ申し込みを検討してみましょう。

自分のステータスに自信がない人

沖縄銀行カードローン「チェキット」の審査は「プロミス」を運営する大手消費者金融となっています。公式サイト上の申し込み条件には「安定した収入がある人」としか記載されていませんが、消費者金融が審査を行うため、審査基準が緩やかであると考えられるんです。

「チェキット」の審査は緩やかと考えられる

「プロミス」が審査を行う他社のカードローンでは、安定した収入があればパートやアルバイトの利用も認められている場合がほとんどです。このため、沖縄銀行カードローン「チェキット」でもステータスに限らず、安定した収入さえあれば審査通過を目指せる可能性が高いでしょう。

カードローンの毎月の返済額を小さく抑えたい人

沖縄銀行カードローン「チェキット」でお金を借りた後、毎月の返済がはじまります。しかし、「チェキット」では毎月の返済額が2000円からという少額返済で良いため、毎月の返済負担を抑えながらしっかりと返済を続けられるでしょう。

沖縄銀行カードローン「チェキット」でお金を借りる方法

沖縄銀行カードローン「チェキット」でお金を借りる方法

沖縄銀行カードローン「チェキット」の契約完了後、お金を借りる方法を解説していきます。カードローン「チェキット」では、これから解説するキャッシング方法しか用意されていません。

「チェキット」のローンカードでATMからキャッシング

「チェキット」のローンカードは、契約前に自宅に送られてきます。また、「チェキット」との契約が正式に完了すれば、手元にあるローンカードを利用できるようになります。このローンカードを利用すれば、沖縄銀行のATMや提携ATMからいつでもキャッシング可能となるんです。

全国のゆうちょ銀行ATMも使える!

この「チェキット」の提携ATMには郵便局のゆうちょ銀行のATMもあります。ゆうちょ銀行のATMは、日本全国の郵便局などにあるため、沖縄県以外からでも簡単にキャッシングしやすいんですよね。沖縄県内だけではなく、全国から沖縄銀行カードローン「チェキット」を利用できるため、出張先や旅行先で現金に困った時でも安心できるでしょう。

沖縄銀行カードローン「チェキット」のメリットとデメリット!

沖縄銀行カードローン「チェキット」のメリットとデメリット!

さいごに沖縄銀行カードローン「チェキット」のメリットとデメリットを確認していきます。

沖縄銀行カードローン「チェキット」のメリット

  • 沖縄銀行の口座がなくても申し込み可能
  • 沖縄銀行へ来店不要でキャッシングできる!
  • 安定した収入があれば「チェキット」の利用OK
  • 70歳未満の人までカードローン「チェキット」を使える
  • 「チェキット」には簡易申込みが用意されている
  • 沖縄銀行カードローン「チェキット」は全国のゆうちょ銀行ATMを使える!
  • 沖縄銀行への返済方法は2種類から選べる!
  • 沖縄銀行カードローン「チェキット」の返済は毎月2000円から

沖縄銀行の口座がなくても申し込み可能

カードローン「チェキット」は、沖縄銀行の口座不要で申し込み〜キャッシング可能なんです。沖縄銀行の口座を持っていないという人でも、わざわざ口座を開設しなくてOKなので、申し込み対象となる人は誰でも使いやすいカードローンと言えるでしょう。

銀行カードローンでは、利用先銀行の口座開設が必須となる場合が多いんです。しかし、この「チェキット」は口座不要なので、カードローン利用時の大きなメリットとなるでしょう。

沖縄銀行へ来店不要でキャッシングできる!

また、「チェキット」では郵送による手続きとなるため、沖縄銀行への来店不要でカードローン契約が完了します。銀行カードローンでは来店手続きが必要となるカードローンも多いのですが、この「チェキット」では来店不要でカードローン契約できます。また、平日の日中は忙しくて銀行の窓口に行く時間がないという人でも、好きな時間に手続き可能なので、ストレスなくカードローン契約できるでしょう。

安定した収入があれば「チェキット」の利用OK

沖縄銀行カードローン「チェキット」の申し込み条件として、「安定した収入のある人」との記載があります。また、パートやアルバイトなどの、雇用形態に関するステータスの条件について記載がないんです。しかし、「チェキット」の保証会社は「プロミス」を運営する消費者金融となるため、審査基準は緩やかな傾向にあると考えられます。このため、ステータスに自信がない人でも安定した収入さえあれば、カードローン「チェキット」の審査通過を目指せる可能性があります。

70歳未満の人までカードローン「チェキット」を使える

沖縄銀行カードローン「チェキット」の申し込み対象年齢は満20歳以上70歳未満となっています。他社カードローンと比べても高齢の人までカードローンへ申し込めるため、他社のカードローンの年齢制限に引っかかってしまったという人でも「チェキット」へ申し込める可能性があります。高齢のシニアの人でキャッシングしたい人は、一度「チェキット」への申し込みを検討してみましょう。

「チェキット」には簡易申込みが用意されている

カードローン「チェキット」への申し込みは、インターネットからがおすすめです。また、インターネットからの申し込みには「通常申込み」と「簡易申込み」の2種類の申し込み方法が用意されています。「通常申込み」は従来通りのカードローン申し込み方法で、必要項目を全て入力し、カードローンへ申し込みます。「簡易申込み」では、氏名と連絡先をスマホやパソコンから申し込んでおけば、後で電話がかかってきて電話口から申し込みを完了できるんです。

「スマホやパソコンは操作できるけど、あまり得意ではない…」という人は、ぜひ簡易申込みの利用を検討してみてくださいね。

沖縄銀行カードローン「チェキット」は全国のゆうちょ銀行ATMを使える!

先ほどの項目でも解説しましたが、沖縄銀行カードローン「チェキット」は、沖縄銀行ATMの他に、ゆうちょ銀行ATMを利用できます。ゆうちょ銀行ATMは全国に設置されているため、どこにいてもとても便利に使えるんですよね。

沖縄銀行への返済方法は2種類から選べる!

沖縄銀行の口座を持っている人は、口座を利用しない「ATM・店頭入金タイプ」と口座を利用する「口座振替タイプ(自動引落し)」の2種類の返済方法から選べます。それぞれの返済方法を下記の表にまとめてみたので、確認してみましょう。

カードローンの返済方法 内容
ATM・店頭入金タイプ 前月26日から7日(休日の場合は翌営業日)までに、沖縄銀行ATMや沖縄銀行の窓口から返済。
口座振替タイプ(自動引落し) 毎月7日(休日の場合は翌営業日)に沖縄銀行の口座振替により自動返済。

このように、沖縄銀行の口座を持っている人はどちらの返済方法も使えるため、使いやすいと思う返済方法を選んでみてくださいね。

沖縄銀行カードローン「チェキット」の返済は毎月2000円から

沖縄銀行への返済は毎月2000円の少額からとなっています。家計の負担にもならないので、しっかりと返済を続けていけるでしょう。ただし、借り入れ残高によって毎月の返済額が異なる点には注意しておいてくださいね。

沖縄銀行「チェキット」の毎月の返済額
借り入れ残高 毎月の返済額
2000円超10万円以下 2000円
10万円超20万円以下 4000円
20万円超30万円以下 5000円
30万円超40万円以下 8000円
40万円超50万円以下 10000円
50万円超70万円以下 14000円
70万円超100万円以下 15000円
100万円超200万円以下 30000円

沖縄銀行カードローン「チェキット」のデメリット

「チェキット」のメリットとなるポイントを解説してきましたが、デメリットとなるポイントも確認していきましょう。

  • 沖縄県内に住む人しか「チェキット」を使えない
  • カードローン「チェキット」は限度額200万円まで

沖縄県内に住む人しか「チェキット」を使えない

カードローン「チェキット」は、沖縄県内に住む人しか申し込めません。公式サイトには、「転勤等による県外赴任者を含む」との記載があるため、沖縄県内に拠点がある人であれば「チェキット」を使えるようです。

しかし、本土などの沖縄県以外の都道府県の人はカードローン「チェキット」を使えないため、残念ですが他社銀行や消費者金融のカードローンを検討してみましょう。

カードローン「チェキット」は限度額200万円まで

沖縄銀行カードローン「チェキット」の利用限度額は200万円までとなっています。銀行カードローンの中には限度額1000万円以上というスペックもあるため、比較するとかなり少額の限度額となっているんですよね。ただし、カードローンを利用する人の多くは数十万円〜100万円程度が多いため、200万円の限度額でも困ってしまうことはないでしょう。

沖縄銀行カードローン「チェキット」は沖縄県内の人が便利に使える!

沖縄銀行カードローン「チェキット」は沖縄県内の人が便利に使える!

この記事では、沖縄県那覇市に本店を置く地方銀行の沖縄銀行カードローン「チェキット」について詳しく解説してきました。「チェキット」は、金利14.6%、限度額10万円〜200万円(10万円単位)というスペックで、申し込み対象年齢は満20歳以上70歳未満となっていました。

沖縄県内の人しか「チェキット」へは申し込めませんが、沖縄銀行の口座不要、来店不要で手軽に申し込み可能なんです。このため、沖縄県内の人であれば、誰でもスムーズに申し込み〜キャッシングを期待できるんですよね。沖縄に住む人は、ぜひこの記事を参考にしながら、沖縄銀行カードローン「チェキット」への申し込みを検討してみましょう。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

モビット「審査時間・即日融資・在籍確認」の評判!借り入れ・申込方法

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ