• HOME
  • カードローンの豆知識
  • キャッシング利用枠を増やすには〜増額申請の通過条件と他社申請、どっちがスムーズ?

キャッシング利用枠を増やすには〜増額申請の通過条件と他社申請、どっちがスムーズ?

更新日:2017年10月4日 公開日:2017年9月7日320 view

誰でも簡単にお金を借りられるカードローンには、キャッシング利用の限度額が設けられています。現在カードローンを利用中の人で、「キャッシング利用枠が足りない。もう少しお金を借りたいな…」という人は、ぜひこの記事を参考にしながら、増額を成功させてみてください。実はキャッシング利用枠を増額させるのはそこまで難しくないんですよね。

カードローンのキャッシング利用限度額はどのように決められる?

カードローンのキャッシング利用限度額はどのように決められる?

まず、カードローンのキャッシング利用限度額について解説していきます。カードローンのことをよく知らない、という人も多いので少し詳しく解説していきます。

カードローンには利用限度額があり、一定の金額以上のお金を借りられない

カードローンには利用限度額という、「借入できる上限額」が設けられているので、限度額いっぱいにお金を借りてしまうとそれ以上の借入ができないんです。

例えば、カードローンの利用限度額が50万円の人で、すでに30万円のキャッシングをしていれば、

(限度額)50万円 − (借入額)30万円 = (借入可能額)20万円

となります。また、そのうち10万円返済したとすれば、

(限度額)50万円 − (借入額)30万円 + (返済額)10万円 = (借入可能額)30万円

となり、借入できる金額が増えるわけです。つまり、カードローンで限度額50万円の人は最大で50万円までお金を借りられて、限度額に達するまでは何度でもお金を借りられます。もちろん返済すれば利用枠内のお金が増えるので、その分のお金を追加で借入できるようになります。

キャッシング利用枠はどのように決められる?

カードローンでは、利用限度額500万円や1000万円と大きなお金を貸してくれる可能性もあります。しかし、カードローン会社が公表する上限額は、あくまでも「カードローン会社が設定した上限額」となるので、ほとんどの人は上限額まで借りられないでしょう。当編集部でも、カードローン会社が公表している上限値まで借り入れしている、というような人は今まで聞いたことがありません。

では、どのようにカードローンのキャッシング利用枠の上限が決められているのでしょうか。

利用者のステータスや過去の履歴によって利用限度額が決められる

実は、キャッシング利用枠はカードローン審査時に決定されます。このキャッシング利用枠の上限ですが、申し込み者のステータスや過去の利用履歴などを審査されて、「ステータスが高くて信用できる人」として認められれば、カードローン契約直後から高額な限度額を用意してくれる可能性があります。

ほとんどの人のカードローン契約は30万円〜50万の限度額からのスタート

しかし、カードローンをはじめて利用する人は、カードローン会社も利用者の返済能力や返済意思が分からないため、30万円〜50万円という限度額で設定される場合が多いです。

消費者金融カードローンでは年収の3分の1未満が限度額となる

また、消費者金融のカードローンには「総量規制」という、利用者の年収の3分の1超の貸付を行なってはいけない、という貸金業法内の法律が影響します。ですから、いくら年収が高くても、そこまで大きな限度額の利用は見込めない、と言えるでしょう。

参考までに、年収300万円の人、年収600万円の人、年収900万円の人の、消費者金融カードローンの上限額を確認しておきましょう。

年収の違いによる消費者金融カードローンの利用限度額
年収 300万円 600万円 900万円
法律で認められる借入上限額 100万円まで 200万円まで 300万円まで

消費者金融では総量規制の影響から、このように年収によって借入の限度額が変わってくるので注意しておきましょう。また、複数の消費者金融でカードローンを利用する場合でも、全てのカードローンの借入総額が総量規制の対象となります。このため、消費者金融を複数利用しても、総量規制以上のお金を借りられませんので、気をつけておいてくださいね。

ちなみに銀行カードローンでは、総量規制の対象外となるので、年収の3分の1超の限度額を貰える可能性もあります。

キャッシング利用枠を増額する2つの方法

キャッシング利用枠を増額する2つの方法

キャッシングの利用枠が少なくて困っている、という人はこれから解説していく2つの方法で利用枠を増額してみましょう。

  • 利用しているカードローン利用枠の増額申請を行う
  • 他社のカードローンへ新規申し込みを行い、借入トータルでの増額を狙う

利用しているカードローンの増額申請を行う

カードローンを提供している銀行や消費者金融へ、直接利用枠の増額申請を行う方法があります。この方法がカードローン利用枠増額の最もポピュラーな方法となります。また、この増額申請には下記の2つのケースがあります。

  • 自分で契約しているカードローン会社へ増額申請を行う
  • 利用先のカードローン会社から増額の案内を受ける

自分で契約しているカードローン会社へ増額申請を行う

最も簡単にカードローンの利用枠を増額するには、自分で利用先のカードローン会社へ連絡して増額申請する方法です。電話での連絡が基本となりますが、カードローンのマイページを通じて増額申請できたり、メール連絡で増額申請できたりする場合もあります。

ただし、あなたが増額をいくら望んでも、カードローンの利用状況によっては増額審査に落とされる可能性もあるので注意しておいてくださいね。カードローン契約後から借入と返済を頻繁に繰り返している人でしっかりと返済を行なっている人は、優良顧客として見られるので、比較的簡単に審査に通過できるでしょう。

また、カードローン契約後すぐに増額審査は通過しにくいのですが、3ヶ月〜半年ほど利用していれば増額審査に通過できる見込みがあります。

利用先のカードローン会社から増額の案内を受ける

カードローン契約後から借入し、しっかりと期日に間に合うように返済をしていれば、あなたからキャッシング利用枠の増額を申し出なくても、カードローン会社から増額の案内が来ることがあります。

基本的には電話で増額の案内があります。ですから、登録していない電話番号から電話があった場合は、カードローンの増額案内の可能性もあるので注意しておきましょう。

ほとんどの銀行や消費者金融のカードローンでは、定期的に増額の審査が行われています。ですから、カードローンの利用頻度が高くてしっかりと返済を行なっている人は、確実に増額案内が来るはずですよ。また、ほとんどの銀行や消費者金融では、増額審査をスムーズに行ってくれる場合が多いんです。最短では30分程度で、遅くとも2営業日以内には審査結果を教えてもらえるはずです。

他社のカードローンへ新規申し込みを行い、借入トータルでの増額を狙う

カードローンの利用枠を増額させるための方法として、他社のカードローンに新規申し込みを行って複数のカードローンを利用し、借入れ総額を増やす方法もあります。

複数のカードローンを利用するのは簡単

実はカードローンの利用は一社に限定されていないので、複数のカードローンに申し込んで利用するのもそこまで難しくないんです。

ただし、注意しておきたいポイントとして、例えば消費者金融のカードローンですでに総量規制ギリギリまで借り入れている人は、新規のカードローン審査に通過する見込みはありません。法律上、消費者金融のカードローンでは年収の3分の1以上の借り入れができないためです。

また、銀行カードローンには総量規制が影響しないとは言え、近年は貸付額を自粛している傾向があるため、すでに大きな額を借り入れている人は銀行カードローンの新規利用が難しくなる傾向があります。

少額の限度額しかない人には他社のカードローン利用はおすすめの方法

他社のカードローンを新規で申し込んで利用枠を増額するのに向いている人は、現在「5万円〜10万円」の限度額しか貰えていない人です。少額の限度額しかない人は、年収などのステータスが弱い人だと考えられます。ですから、同じ一社でいくら借入、返済を繰り返しても優良顧客としてなかなか見てもらえないので、増額してもらえる可能性が低いんです。

その点、他社のカードローンへ申し込むと、現在利用中の限度額が小さいので、新規でのカードローン審査にそこまで不利な状況とはなりません。つまり、少額の利用枠しか貰えていない人は、他社のカードローンに通過しやすいというメリットがあるんですよね。カードローンのキャッシング利用枠が小さいと思っている人は、他社カードローンの申し込みも考えておきましょう。

すでに多くのカードローンを利用している人は新規でのカードローン審査に通過できない

また、すでに3〜4社以上のカードローンを利用している人は、新規のカードローン審査に通過しにくい傾向があります。カードローン会社も「なぜ多くのカードローンを利用しているのだろう」「大きなトラブルを抱えているかもしれない」と思われてしまうので、新規のカードローン審査で不利となってしまい、たいていの場合、審査に落とされてしまいます。

他社のカードローンへ新規申し込みをする場合は、利用中のカードローン会社を2社程度に抑えておいてくださいね。もし多くのカードローンを利用中の人は、いくつかのカードローンを完済させて、契約解除しておく方が無難でしょう。

キャッシングの利用枠増額方法は利用シーンに応じて選ぼう

キャッシングの利用枠増額方法は利用シーンに応じて選ぼう

キャッシング利用枠を増額させる2つの方法を解説しましたが、どちらの方法が簡単なのでしょうか。先ほどの解説にもありましたが、利用状況やあなたのステータスによって、おすすめしたい増額方法が変わってきます。

カードローン会社へ利用枠増額をおすすめしたい人

まず、カードローン会社へ利用枠の増額をおすすめしたい人を紹介していきます。

  • カードローン利用から3ヶ月以上経っている人
  • 真面目にカードローンを利用している人
  • 利用枠が総量規制までまだ余裕がある人

カードローン利用から3ヶ月以上経っている人

契約しているカードローンを3ヶ月以上利用している人は、銀行や消費者金融への増額申請がおすすめです。カードローンの利用状況から「利用者へキャッシングを増額させても良いのか」を審査されるので、3ヶ月以上のカードローン利用履歴がないと銀行や消費者金融も利用者のキャラクター(=返済能力や返済意思)を確認できないためです。3ヶ月以上利用しているとキャラクターの確認ができるので、利用状況によっては増額審査の通過見込みがあります。ぜひ検討してみてくださいね。

真面目にカードローンを利用している人

カードローン利用中の人で、返済期日に間に合うようにしっかりと真面目に返済している人も、キャッシング利用枠の増額申請がおすすめです。真面目にカードローンを利用している人は、優秀な利用履歴がのこされているので、増額申請に通過させやすい傾向があります。カードローンを提供する銀行や消費者金融も、真面目に返済してくれる人にたくさんお金を貸したいので、優良な顧客には審査が甘くなるんですよね。

利用枠が総量規制までまだ余裕がある人

現在カードローンを利用しているけど、まだまだ年収の3分の1にも満たない利用枠しかもらえていない、という人は簡単に増額の審査に通過できるかもしれません。例えば年収が600万円というような人で、現在のキャッシング利用枠が30万円しかなかったとしたら、総量規制(年収の3分の1)の200万円までまだまだ余裕がありますよね。このように高い年収があるけど、利用枠が小さいという人は申請を行うだけで簡単に審査に通過できる可能性があります。

他社の新規カードローンでの利用枠増額をおすすめしたい人

他社のカードローンを新規で申し込んでの増額をおすすめしたい人を解説していきます。

  • ステータスが低く1社から少額の利用額しかもらえていない人
  • 消費者金融カードローンの無利息サービスを利用したい人

ステータスが低く1社から少額の利用額しかもらえていない人

ステータスが低い人の場合、例えば年収が100万円〜200万円という人やアルバイトやパートの人など、一般の人よりもステータスが低い場合はそもそも高額な利用枠を貰えないので、限度額が10万円程度の人もいるかもしれません。もし年収150万円ある人で利用枠が10万円程度の人の場合、本来であれば総量規制ギリギリの50万円までの借入れは法律で認められています。ですから、残り40万円は利用できることになりますよね。

このような限度額が小さい人の場合も、他社カードローンへ申し込むとスムーズに審査が進み、即日に新たなカードローン契約ができる可能性も十分に考えられます。あまりにもキャッシング利用枠が少額の人は、他社のカードローンへ申し込んで増額を狙ってみましょう。

消費者金融カードローンの無利息サービスを利用したい人

他社カードローンを新規で申し込む理由として、「他社のカードローン会社が提供しているサービスを利用できる」というメリットも挙げられますよね。例えば、消費者金融のカードローンへ新規契約を行うと、初回利用時の30日間無利息期間を利用できます。この無利息期間とはカードローン契約後から30日間は無利息でカードローンを利用できるサービスなので、うまく他社カードローンを活用できれば、苦しい資金繰りを簡単に改善できる可能性もあります。

増額や他社の新規ローンが通らない!こんな時にはどうすればいい!?

増額や他社の新規ローンが通らない!こんな時にはどうすればいい!?

今利用しているカードローンの増額申請しても落ちてしまうし、新規でカードローンを申し込んでも審査に落とされてしまう…という人は、これから解説していく項目を参考にしてみましょう。

  • 増額審査に通過させるために、年収や勤務形態などのステータスを上げる
  • 増額審査に落ちるのは、クレヒスに傷がある可能性も考えられる

増額審査に通過させるために、年収や勤務形態などのステータスを上げる

カードローン増額申請や新規のカードローン審査に落ちてしまうのは、ステータスが弱いことが大きな理由になっているかもしれませんね。もしあなたがアルバイトやパートで安定した収入を得られていないという場合は、今の仕事をより頑張って少しでも収入を増やすようにするか、転職して正社員で勤めるなどステータスを上げることに注力してみましょう。

ステータスが高まることで、キャッシング利用枠の増額や新規カードローン審査にも通過しやすくなりますよ。また、収入がグンと上がればカードローンでお金を借りる必要が無くなる可能性もありますよね。

増額審査に落ちるのは、クレヒスに傷がある可能性も考えられる

世間一般的なステータスがあるのに、増額審査や新規カードローン審査に通過できない人は、クレヒス(=クレジットヒストリー)と呼ばれる信用情報に傷があるかもしれません。信用情報とは過去のカードローンやクレジットカードの利用履歴のことを指します。もし過去に2〜3ヶ月以上滞納していたり、未納のお金があったりした場合は、信用情報にその記録が残されているんですよね。

信用情報に悪い履歴が残っていると、いくらステータスがよくても簡単に審査に落とされてしまうので注意しておいてくださいね。もし過去の返済時にトラブルを起こしてしまった覚えがある人は、返済履歴は2年間残されるため、返済トラブルから2年以上経ってから増額や新規カードローンへ申し込む方が無難と言えます。

カードローンのキャッシング利用枠の増額を成功させて資金不足を乗り切りましょう

カードローンのキャッシング利用枠の増額を成功させて資金不足を乗り切りましょう

この記事ではキャッシング利用枠を増額させるための方法について、詳しく解説を進めてきました。増額の方法は2つありましたよね。ひとつめは現在利用しているカードローンの利用額を増額申請する方法、2つめは他社のカードローンを新規で申し込む方法です。

利用シーンやあなたのステータスによって、どちらの方法で増額させるかが重要となります。しかし、安定した収入がなかったり、クレヒスに傷があったりする人以外は、たいていの場合は簡単に増額に成功できるので、ぜひこの記事の内容を把握し、あなたの資金繰りの参考にしてみてくださいね。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

モビット「審査時間・即日融資・在籍確認」の評判!借り入れ・申込方法

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ