土日にお金が無い時は?キャッシングを利用してピンチを乗り切る3つの方法

更新日:2017年10月4日 公開日:2017年6月14日386 view

「急にお金が無くてキャッシングしたいけど、土日でも借りられるの?」と、疑問に思う人も多いので、土日や祝日でもキャッシングするための3つの方法について詳しく解説していきます。

また、カードローン初心者に向けて、実際にキャッシングする時にはどのような手続きが必要となるのかも併せて紹介してくので、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

土日にキャッシングを利用する3つの方法

土日にキャッシングを利用する3つの方法

では早速、土日にお金がない時にキャッシングを利用する3つの方法について解説していきます。キャッシングは、大手消費者金融や大手銀行から提供されているカードローンを利用しましょう。

カードローンでのキャッシングは初心者でも簡単に利用できる

このカードローンですが、誰でも名前を聞いたことがある大手消費者金融や、都市銀行、地方銀行から提供されていて、初心者でも簡単に利用できるんです。

消費者金融と銀行の土日カードローンの違いとは

消費者金融や銀行で提供されているカードローンですが、実はサービス内容に違いがあるんです。大きく異なるポイントを解説していきましょう。

  • 金利の違い
  • 総量規制の有無
  • 審査難易度

金利の違い

消費者金融と銀行のカードローンの大きな違いは、金利にあります。消費者金融のカードローンでは、利息制限法の上限に近い18%に設定されている場合がほとんどですが、銀行のカードローンでは13%〜16%程度の金利となっていて、銀行のカードローンの方が利息を抑えられるので有利に利用できると言えます。

5%も違いがあると、例えばキャッシングで100万円借りた場合では、単純に計算すると年間5万円ほどの差額があるんです。(※実際には毎月の返済により元金が減っていくので、差額はもう少し小さな金額になります。)大きなお金を長期的にキャッシングする場合は返済総額に大きな違いが出るので、消費者金融と銀行のキャッシングどちらを利用するのか、申し込み前にはしっかりと考えておきましょう。

総量規制の有無

総量規制とは、貸金業者は利用者の年収3分の1超の貸し付けを行なってはいけない、と貸金業法内で決められている法律のことを指します。消費者金融=貸金業者となるので総量規制の対象となり、年収の3分の1以内でしか借入ができません。

しかし、銀行カードローンでのキャッシングの場合は総量規制の対象外となるので、年収の3分の1超の大きなお金の借入が期待できます。ただし、最近の銀行カードローンは貸し付けの上限額を自粛している傾向にあるので、大きなお金を借りたい時には事前に銀行へ問い合わせしておくことをおすすめします。

審査難易度

消費者金融のカードローン審査は、安定した収入がある人であれば比較的簡単に審査に通過できます。しかし、銀行カードローンは少し審査難易度が高いので、申し込み者のステータスがある程度必要となります。

ただし、一般的なサラリーマンの人や、平均的な年収のある人は、銀行カードローンに十分通過できますよ。近年では、「安定した収入があれば借入できる」と明記されているものもありますが、最低でも年収250万円前後を目安に考えておきましょう。

土日にキャッシングを利用する3つの方法

では、本題である土日のキャッシングについて詳しく解説していきます。実は土日にカードローンを申し込んでも即日キャッシングできる方法があるんですよ。

  • 申し込んだその日のうちに自動契約機でローンカードを発行する
  • 24時間即時振込してもらえるカードローンと契約する
  • 前もってカードローン契約を行なっておく

申し込んだその日のうちに自動契約機でローンカードを発行する

自動契約機でローンカードを発行する

土日に最もスムーズにキャッシングする方法は、自動契約機でローンカードを直接発行する方法です。カードローンの審査は、基本的に土日や祝日でも、インターネットや自動契約機で即日行ってもらえます。ですから、カードローン契約が完了した後に直接自動契約機でローンカードを発行すれば、土日や祝日であってもすぐにキャッシングを利用できるんです。

ただし、土日にカードローンの申し込みを行っても、お勤め先が一般的な会社の場合は在籍確認ができないので、希望限度額そのままの金額で通らない場合があります。在籍確認ができない場合は、カードローン契約直後は10万円程度の少額の限度額になる場合が多いのですが、平日に在籍確認が完了した以降は希望していた限度額まで引き上げてもらえる場合がほとんどなので、安心してくださいね。

24時間即時振込してもらえるカードローンと契約する

一般的には銀行振込によるキャッシングは平日の対応だけになっています。しかし、カードローンを提供している各社のサービスによって異なるのですが、中には24時間即時振込でのキャッシングに対応してもらえるものもあるんです。

大手ネット銀行のカードローンや大手銀行のカードローンや、大手銀行グループの消費者金融のカードローンなどでも即時振込に対応しているものが多いんですよ。これらの土日でも即時振込対応している利用しやすいカードローンは、後ほど紹介していきますね。

前もってカードローン契約を行なっておく

確実に土日のキャッシングを成功させるなら、前もってカードローン契約を行ってローンカードを発行しておくことをおすすめします。

ローンカードがあれば、土日や祝日、深夜の時間帯でもコンビニなどにある提携ATMでいつでもキャッシングが可能になります。今お金がない!という状況ではなくても、先にカードローン契約を行なっておくことで、急な資金不足にも対応できますよね。

また、カードローン契約を行なっても、実際にキャッシングするまでは料金(=利息)はかかりませんので、一度カードローン契約を検討してみてはいかがでしょうか。

土日にカードローンのキャッシングを利用する時の手順

土日にカードローンのキャッシングを利用する時の手順

土日にお金がない!今すぐにキャッシングしたい!という人に向けて、実際にカードローンを申し込む手順を解説していきます。手順を理解しておくことで、カードローン申し込みをスムーズに行えるでしょう。

  1. インターネットや自動契約機でカードローンを申し込む
  2. 仮審査
  3. 本人確認書類などの提出
  4. 本審査
  5. 土日にキャッシングを行う

①インターネットや自動契約機でカードローンを申し込む

土日にカードローンを申し込む簡単な方法は主に2種類あります。インターネットから申し込むか、直接自動契約機で申し込む方法です。おすすめの方法は、簡単でスムーズに手続きが完了するインターネットから申し込む方法です。

カードローンの公式サイトでは、必ず申し込みページが用意されているので、利用したいカードローンが見つかったら、まずは公式ページへアクセスしましょう。

申し込みの入力はとても簡単ですぐに完了します

また、申し込み時には必要な項目に入力していくのですが、下記のような項目となっています。

  • 氏名や年齢
  • 住所、電話番号
  • 勤務先の住所や電話番号
  • 年収
  • 雇用形態や勤続年数
  • 他社からの借入件数や借入総額

このようにご自身の本人情報を入力していきます。特に難しい項目もありませんので、入力が簡単に完了するでしょう。

②仮審査

カードローンの申し込みが完了すれば、カードローンの仮審査が行われます。この仮審査とは、コンピューターによるスコアリング方式で行われているので、審査結果が出るまでのスピードが早く、最短30分程度で審査結果の連絡が来ます。

③本人確認書類などの提出

仮審査通過の連絡があれば、そのあとに本人確認書類を提出します。この本人確認書類とは、運転免許証や健康保険証、パスポートなど、ご自身を証明できる書類やカードのことを指します。

インターネットから申し込む場合は、スマホカメラで本人確認書類を撮影したデータを送信すれば良いので、提出も簡単に完了するんですよ。

④本審査

本人確認書類を送信すれば、提出書類が本人のものかどうかを審査されます。仮審査と本審査が厳密に区別されていないカードローンもあるのですが、主に二段階で審査が進んでいきます。

ただし、コンピューターによる自動審査(=仮審査)に通過すれば、ほぼ間違いなく本審査にも通過できます。本審査をスムーズに通過させるために、本人確認書類のデータに不備がないか、提出前にしっかりとチェックしておきましょう。

⑤土日にキャッシングを行う

本審査に無事通過すれば、カードローンの契約を行い、キャッシングを利用できるようになります。カードローンの申し込み〜契約までは土日でもスムーズに完了できるんですよ。しかし、実際に土日にキャッシングする方法は、冒頭で説明したように、自動契約機でローンカードを発行するか、24時間銀行振込対応のカードローンの契約を行うの2パターンとなっています。

最もおすすめの方法は、自動契約機でローンカードを発行する方法です。これには理由があり、キャッシングの最小単位を細かく設定できる場合が多いからです。

キャッシング方法 ローンカード 銀行振込
キャッシングできる時間 原則提携ATMで24時間利用可能 24時間即時振込対応のものもあるが、銀行の営業時間内(平日9時〜15時まで)のカードローンもある
キャッシングの最小単位 1,000円単位 10,000円単位

どうしても土日にすぐにお金を借りたい時は、少し手間がかかりますが、自動契約機でローンカードを発行しましょう。自動契約機であれば、土日でも22時ごろまで営業しているので、夜の時間帯でもカードローン契約を行えるんです。

土日にキャッシングしたい!おすすめのカードローン

土日にキャッシングしたい!おすすめのカードローン

では、土日にキャッシングできる便利でおすすめのカードローンを紹介していきます。

アコムのカードローン

まず、消費者金融のアコムのカードローンから解説していきます。アコムの土日キャッシングのおすすめの方法は、インターネットで申し込んでから自動契約機でローンカードを発行する方法です。自動契約機は平日、土日でも8時から22時まで営業しているので、営業時間内にローンカードを発行すれば土日でも即日キャッシングが可能となるんですよ。

アコム

審査時間 最短30分 融資時間 契約後最短即日
限度額 800万円 実質年率 3.0%~18.0%

また、アコムでは在籍確認もあるのですが、土日に確認が取れない場合は、一旦カードローンの仮契約が行われ、10万円程度の少額の融資を行ってもらえます。土日の場合は急に大きなお金を借入れできませんが、週末を乗り越えられる程度の金額は確保できるはずなので、一度検討してみてはいかがでしょうか。

金融業者名 アコム
スマホ申し込み
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短即日
利用限度額 800万円
年率 3.0%~18.0%
土日の自動契約機の営業時間 8時〜22時
無利息期間 初回30日間

モビットのカードローン

つづいて、モビットのカードローンを解説していきます。モビットでは、WEB完結というサービスが提供されていて、とても利用しやすいんです。このWEB完結サービスでは、本人確認や在籍確認の電話がなくカードローン審査を通過させられるのです。また、WEB完結を利用するときには、「三井住友銀行か東京三菱UFJ銀行の口座」と、「社会保険証か組合保険証」が必要となります。もしこれらの書類をお手元に用意できる人であれば、勤務先にバレる心配のないモビットのカードローンのWEB完結が絶対おすすめですよ。

SMBCモビット

審査時間 最短30分 融資時間 最短3分
限度額 800万円 実質年率 3.0%~18.0%

モビットのカードローンとセブン銀行との組み合わせが使いやすい!

また、2017年5月からセブン銀行(=セブンイレブンのATM)との提携が始まり、カードローンを契約した後でモビットアプリとの連携で、お手元にローンカードがなくてもキャッシングが利用できるんです。ですから、土日にカードローン審査に通過した後はスマホにモビットのアプリをインストールし、セブンイレブンのATMを利用することで、即日キャッシングが行えるんですよ。利用方法も簡単なのですが、事前に気になる方はセブン銀行の公式サイトを一度確認してみましょう。

金融業者名 モビット
スマホ申し込み
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短即日
利用限度額 800万円
年率 3.0%~18.0%
土日の自動契約機の営業時間 9時〜21時
無利息期間 なし

三井住友銀行のカードローン

土日も利用できる銀行のカードローンであれば、三井住友銀行のカードローンがおすすめですよ。三井住友銀行も自動契約機が設置されていて、土日でも9時〜21時まで利用できます。もし低金利でお金を借りたいという人で、ご自身のステータスに自信のある人は、三井住友銀行のカードローンを検討してみてはいかがでしょうか。

また、三井住友銀行の自動契約機では同じ系列であるプロミスのカードローン契約も行えるんです。お近くに三井住友銀行の自動契約機がある人は、どちらのカードローンの契約も行えるので便利に利用してみてくださいね。

金融業者名 三井住友銀行
スマホ申し込み
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短即日
利用限度額 800万円
年率 4.0%~14.5%
土日の自動契約機の営業時間 9時〜21時
無利息期間 なし

カードローンで土日キャッシングする時に注意しておくポイント

カードローンでキャッシングする時に注意しておくポイント

カードローンを実際に利用する時に、気をつけておきたいポイントを解説していきます。

クレヒスには十分に注意しておくこと

カードローンの審査でポイントとなる項目は、申し込み時に入力した本人情報の他に、クレヒス(=クレジットヒストリー)と呼ばれている信用情報も審査に大きく影響してきます。

カードローンの返済トラブルがあれば、クレヒスに傷が残る

このクレヒスには、過去に利用したカードローンやクレジットカードの利用履歴が残されているんです。例えば過去に「返済期日に遅れた」ことや「返済せずに踏み倒した」ことがある人は、その利用履歴がそのままクレヒスに反映されています。

カードローンを提供する金融業者も、過去に返済の事故を起こした人には、お金を貸したくありませんので、クレヒスに悪い評価が残されていればカードローン審査に通りにくくなるんです。

クレヒスは3つの信用情報機関で共有されている

また、クレヒスは国内にある3つの信用情報機関で管理されています。これらの3つの信用情報機関では「銀行系の履歴」「消費者金融系の履歴」「クレジットカード系の履歴」がそれぞれ分担して管理されています。しかし、3つの信用情報機関で履歴情報が共有されているので、何かしらの返済トラブルを起こした場合は、どの金融業者のカードローンを申し込んでも審査が不利な状況となってしまうんです。

例えば、過去に銀行カードローンで大きな返済事故を起こしてしまったからと言って消費者金融のカードローンを申し込んだとしても、過去の銀行カードローンの事故履歴が参照されてしまい、消費者金融カードローンの審査通過が難しくなるんです。

また、クレヒスに残る最も大きな事故といえば、自己破産などの「債務整理」を行った場合です。債務整理をしてしまうと、以後5年〜10年間はクレヒスに大きな傷が残ってしまい、ほぼ100%の確率でカードローン審査に落とされてしまいますので十分に気をつけてくださいね。また今後のことも考えて、いくらカードローンの返済が厳しい状況でもできるだけ債務整理だけはしないように返済をしっかり続けて行くことをおすすめします。

自分でクレヒスの開示を行える

過去に返済の事故があったのかハッキリと覚えていないという人は、ご自身で情報開示も行えます。手数料が1,000円程度かかるのですが、スマホから申し込むとすぐにクレヒスの情報を確認できるんです。どうしても気になる人は、一度クレヒスの開示を行っておくこともおすすめです。

虚偽の申請はしないこと

虚偽の申請はしないこと

カードローンの申し込み時には、ご自身で本人情報を入力していくのですが、その時に必ず本当の情報を入力しましょう。「よっぽど悪い人じゃないと、嘘の申し込みなんてしない」と思われる人も多いのですが、年収に少し自信のない人や、勤務先のステータスが弱いと思っている人など、実は虚偽申請する人も少なくはないんです。

しかし、嘘の申請がバレてしまうと、申込先のカードローンに落とされるのはもちろんですが、先ほどのクレヒスにも虚偽申請した履歴が残されるので、最悪の場合ブラックリストに載ってしまって、一切のカードローンが通過できなくなるでしょう。ですから、カードローンを利用する時は必ず本当の情報を入力して申し込みを行いましょう。

返済計画をしっかり立てておくこと

カードローンでキャッシングすれば、返済する義務が発生します。もちろん借りたお金はしっかりと返済しなければなりませんよね。しかし、返済計画を立てないでむやみに大きなお金を借りてしまうと、毎月の返済が厳しくなってしまい返済期日に遅れてしまう、ということにもなりかねません。

ですから、キャッシング利用前にはしっかりと返済計画を立てておいて、実際に利用する時には必ず最小限のお金を借りるようにしましょう。また、しっかり完済を行うとクレヒスにも良い履歴が残るので、別のカードローンを申請する時には有利に働く場合もあるんですよ。

カードローンをうまく活用して土日の資金不足を乗り切ろう

カードローンをうまく活用して土日の資金不足を乗り切ろう

この記事では、土日にカードローンを利用する方法を詳しく解説してきました。実は土日でもカードローン契約や、キャッシングは比較的簡単に行えるんです。また、先ほど紹介したモビットのカードローンであれば、ローンカードを発行しなくてもご自身のスマホとセブンイレブンのセブン銀行との連携で、土日に即日キャッシングの利用も可能なんです。

ぜひご自身が使いやすそうなお気に入りのカードローンを見つけて、土日の急な資金不足を乗り越えてみてくださいね。消費者金融のカードローンは比較的簡単に審査通過できるので、誰でも簡単に利用できる可能性がありますよ。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

モビット「審査時間・即日融資・在籍確認」の評判!借り入れ・申込方法

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ