30万円どうしても今日借りたい人に!編集部おすすめのカードローン!

更新日:2017年10月4日 公開日:2017年5月15日981 view

お金が急に必要になる時ってありますよね。そんな時に銀行口座にお金が入ってない場合、みなさんどうしますか?  家族や友人から借りられないような少し大きな金額の時は、カードローンを利用してお金を借りる方法が便利でおすすめですよ。

過去には消費者金融の貸し付けが大きな社会問題になったこともあり、カードローンはあまりイメージが良くなかったかもしれません。しかし現在では、大手銀行のグループ会社になっている消費者金融がほとんどなので、大きな安心感があって利用しやすくなっています。

この記事では、30万円すぐに借りたい人やカードローンをお探しの人に向けて、おすすめのカードローンやうまく利用するコツを解説していくので、しっかりと確認してみてくださいね。

今日30万円借りたい時はどうすればいい?

今日30万円借りたい時はどうすればいい?

今すぐに30万円借りたいという人は、迷わずカードローンを利用することをおすすめします。おすすめする理由やメリットはたくさんあるのですが、最も大きな理由は「手軽に利用できること」です。

即日お金を借りられるカードローンの種類

また、即日お金を借りられるカードローンは銀行や消費者金融から提供されているので、まずはその種類を確認しましょう。

  • 銀行カードローン
  • 銀行系消費者金融カードローン
  • 非銀行系消費者金融カードローン

銀行カードローン

利用する時に最も大きな安心感がある、銀行カードローンから解説していきます。今ではほとんどの大手銀行や大手地方銀行で、顧客が簡単に利用できる手軽なカードローンを提供しています。

銀行カードローンは低金利という大きなメリットがある

また、100万円未満の少額の希望限度額であれば、審査もスピーディーで即日融資を期待できる銀行カードローンもあります。カードローンを提供している銀行によって内容は異なるのですが、銀行カードローンを利用する大きなメリットは、「低金利」「大きなお金の借り入れ」「利用の際の安心感」が挙げられます。

また、銀行カードローンでの金利はおよそ13%〜16%程度ですので、消費者金融のカードローンよりも圧倒的に低くなっています。

銀行カードローンなら専業主婦も即日30万円借りられる

銀行カードローンの大きな特徴に、「専業主婦の借り入れができる」ことも挙げられます。後の項目でも詳しく解説しますが、総量規制という貸金業法の制限により、消費者金融では専業主婦の借り入れが行えません。

銀行カードローンでは、総量規制が関係しないこともあり、専業主婦でもカードローン契約を行えます。また、専業主婦の限度額は30万円〜50万円ほどに規定している銀行も多いので、カードローンを申し込む前には公式サイトでしっかりと確認しておきましょう。

銀行カードローンは消費者金融カードローンよりも審査基準が高い

ただし、審査基準は難しい傾向にあるので、ご自身のステータス(=年収や長い勤続年数)に自信のある人は、迷わず銀行カードローンで即日お金を借りることをおすすめします。

ステータスに自信がない人は、安定した収入があれば比較的簡単に審査に通過させられる、消費者金融のカードローンがおすすめですよ。

銀行系消費者金融カードローン

では、銀行系消費者金融のカードローンを解説していきます。先ほどの銀行のカードローンよりも審査基準が緩やかで、初回利用時30日間の無利息期間が設けられているカードローンが多いことが特徴と言えます。

現在、ほとんどの消費者金融が銀行のグループ会社になっている

また、消費者金融は過去には独立系の貸金業者でしたが、現在ではそのほとんどが大手銀行に属したグループ会社となっています。

過去、消費者金融では高い金利による多重債務者が急増し、自己破産などの債務整理をする人がかなり多かった時期があります。この時には消費者金融のカードローンは大きな社会問題となり、国が貸金業法の見直しを行ったのです。

貸金業法の改正後は消費者金融の金利が10%以上も下がった

貸金業法の改正前は、上限の金利は29.2%もありました。例えば100万円の借り入れを行った場合の年間の利息は、なんと29万2,000円にもなっていたんです。本当にかなり高い金利ですよね。今では貸金業法の改正があり、金利上限は18%(=10万円以上100万円未満の場合)となり、10%以上も上限金利が下がり、とても利用しやすくなりました。

また、法改正後には経営不振になる消費者金融が増えてしまい、消費者金融のほとんどが銀行のグループ会社となったのです。消費者金融側は銀行からの資金援助を受けるために、銀行側は貸金業のノウハウを利用するために、双方の利益のために消費者金融と銀行が協力し合うことは、経営的にも良い手段となったのです。

消費者金融が銀行のグループ会社になってからは、イメージもよりクリーンなものへと変化し、現在では誰でも利用しやすい「お客様目線での優良サービス」を提供しています。

ほとんどの消費者金融は初回利用時30日間無利息サービスを提供している

また、この銀行系消費者金融の特徴として、「初回利用時30日間無利息」のサービスを提供しています。現在の大手消費者金融のほとんどで無利息期間が提供されているので、うまく活用することで利息をグッと下げられますよ。

消費者金融は総量規制の制約があるため専業主婦は借り入れできない

消費者金融は貸金業者となるため、貸金業法の総量規制という制約を受けます。この総量規制とは「利用者へは年収の3分の1超の貸し付けを行えない」と決められている法律のことです。専業主婦の人は収入がないため、この総量規制の制約を受けてしまい、消費者金融ではカードローンを利用できないので注意しておきましょう。

非銀行系消費者金融カードローン

非銀行系の消費者金融カードローンとは、主に銀行に属しておらず独自で運営を行う消費者金融を指します。現在の消費者金融はほとんど銀行系のカードローンとなっているため、それらと区別するために「非銀行系」と呼ばれている場合があります。

非銀行系消費者金融も銀行系消費者金融のカードローンとほぼサービス内容は変わらない

非銀行系の消費者金融でのサービス内容は、銀行系消費者金融のカードローンとほぼ同じ内容となっています。もちろん、即日融資や初回利用時には30日間無利息期間などが設けられていますよ。

ただし、総量規制の制約があるので、銀行系消費者金融と同じように専業主婦はカードローンを利用できないので注意が必要ですね。

30万円借りる時のカードローンの手続きの流れ

カードローンの手続きの流れ

即日融資対応のカードローンを利用して30万円借りる時の手続きの流れと、注意すべきポイントについて解説していきます。

  1. インターネットから申し込む
  2. 仮審査
  3. 書類の提出
  4. 本審査
  5. 本契約
  6. 30万円の借り入れを行う
  7. 毎月しっかりと返済を行う

01.インターネットから申し込む

即日融資のための申し込み方法として、窓口や自動契約機、電話での方法もあるのですが、最も手軽でスピーディーな申し込み方法であるインターネットからカードローンの申し込みを行いましょう。

申し込み方法は、カードローンの公式サイト内に「申し込みページ」があるので、そのページからフォーム内の項目に、パソコンやスマホで入力を進めていきます。また、手続きを進めると運転免許証などの画像データを送る必要が出てくるので、カメラで撮影ができるスマホが便利でおすすめですよ。

申し込みが完了すると、自動的に仮審査へと進みます。どうしても即日融資したい人は、このタイミングでフリーダイヤルに電話して、「本日中の借り入れを希望している」ことを伝えておくと、審査を優先的に早めてもらえる場合もあります。

02.仮審査

カードローンの申し込みが完了すれば、仮審査へと進みます。この仮審査は「コンピュータースコアリング」というコンピューターを利用した審査方式が用いられている場合がほとんどです。

このコンピュータースコアリングというのは、統計を利用した審査方式となっていて、過去の顧客データをコンピューターに計算させて、申し込んだ人との比較を行う方法のことです。過去の膨大なデータの統計との比較は、統計学に基づいて精度の高い審査結果が出るため、多くのカードローン会社で利用されています。

また、コンピューターで自動判定させるので審査速度も速く、最短では30分以内で審査結果の連絡があります。

03.書類の提出

コンピュータースコアリングによる仮審査に通過すれば、必要書類の提出が求められます。ただし、カメラでの撮影データをインターネットより送信すれば良いので、お持ちのスマホで撮影して画像データを送信しましょう。

カードローンによっても異なりますが、この時に必要となる書類は運転免許証や健康保険証などの「本人確認書類」や、源泉徴収票などの「収入証明書」が必要となる場合が多いです。ただし、一部の消費者金融では30万円〜50万円以内の希望額の場合、「本人確認書類だけの提出」で済むカードローンもあるので、申し込み前にはしっかりと公式サイトをチェックしておいてくださいね、

04.本審査

これらの必要書類をインターネットから送信すれば、本審査がはじまります。ただし、本審査では「本当に本人が申し込んだのか」を確認されるだけなので、仮審査に通過した時点でほぼ審査は通過していると考えて良いでしょう。

ただし、提出書類や申し込み時の入力項目に間違いがあれば審査時間が長くなり、即日融資が難しくなるんです。ですから、間違えないように必ず正しい書類を提出するように気をつけてくださいね。

05.本契約

本審査での書類確認が問題なければカードローンの本契約を行います。本契約では、簡単な手続きなのですぐに契約を終えられますよ。

06.30万円の借り入れを行う

本契約後は、カードローンでお金を借りられます。また、この時の即日融資する方法は主に2種類あります。

  • 銀行振込で30万円を即日融資する方法
  • ローンカードを発行して即日融資する方法

銀行振込で即日融資するためには、手続き完了される時間に気をつけておかなければなりません。通常銀行の営業時間は平日15時までなので、確実にその時間までに手続きが完了するように、できれば平日の午前中には申し込んでおきましょう。

もし、平日の15時までに手続きが完了しなかったり、土日祝日である場合は、お近くにある自動契約機で即日ローンカードを発行しましょう。ローンカードを利用すると、提携ATMで24時間お金を借りられるようになります。自動契約機は平日、土日祝日も夜遅い時間まで営業している場合が多いので、うまく活用してみましょう。

07.毎月しっかりと返済を行う

30万円無事にお金を借りたあとは、毎月しっかりと返済を行いましょう。参考までに金利18%の消費者金融のカードローンを利用し、36回払い(3年間)で返済を行う場合の毎月の返済額を確認してみましょう。

借入額 30万円
金利 18%
毎月の返済額 約11,000円
返済総額(元金+利息) 約39万円

このように、30万円というお金を借りても3年払いにすれば毎月1万円程度の返済で完済できます。借入れる前にはしっかりと返済できるかどうかもよく考えて、カードローンを利用するようにしましょう。

今日30万円借りる!編集部おすすめのカードローン

編集部おすすめのカードローン

ここで、30万円の即日融資可能なおすすめのカードローンを紹介していきます。

編集部おすすめ!30万円即日で借りられるカードローン

  • アイフル
  • プロミス

アイフル

大手消費者金融のアイフルは限度額500万円あり、実質年利は4.5%〜18.0%となっています。また、50万円以下の希望限度額の場合、提出書類は「本人確認書類(=運転免許証など)」だけで良いので、急にお金が必要になった時もスピーディーにお金を借りられるでしょう。

アイフル

審査時間 最短30分 融資時間 最短即日
限度額 500万円 実質年率 4.5%~18%

アイフルでは平日14時10分までに契約完了できると銀行振込で即日融資が行える

アイフルで30万円借りる時は、インターネットから申し込んで審査へと進めていきます。また、便利に利用できる即日融資の方法は銀行振込となりますが、14時10分迄に全ての手続を完了させる必要があります。どうしても時間に間に合わない時には、自動契約機でローンカードを即日発行しましょう。アイフルの自動契約機は8時〜22時まで営業しているので、仕事帰りに立ち寄っても十分に間に合いますよ。

アイフルの初回利用時30日間無利息も大きな魅力

また、アイフルでは初回利用時30日間の無利息期間も設けられています。すぐに30万円返せる見込みがある人は、この無利息期間を利用してすぐに返済を行うと利息がかからず、30万円だけの返済で済ませられるんですよ。ぜひカードローン選びに迷ったら、編集部イチオシのアイフルの利用を検討してみてはいかがでしょうか。

金融業者名 アイフル
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短即日
利用限度額 500万円
年率 4.5%~18.0%
無利息期間 初回30日間

プロミス

もうひとつおすすめしたいのが、大手消費者金融のプロミスのカードローンです。このプロミスでは、利用限度額が500万円で実質年率は4.5%〜17.8%となっています。消費者金融の中でも金利が安いので、金利の低さだけを見ても利用価値があると言えますよね。

プロミス

審査時間 最短30分 融資時間 最短1時間
限度額 1~500万円 実質年率 4.5%~17.8%

プロミスのカードローンも30万円借りる時は収入証明書の提出は不要

アイフルでもそうでしたが、プロミスでも50万円以下の希望限度額の場合は収入証明書が不要なので、お急ぎの時にもスピーディーに利用できます。もちろん、30日間無利息期間もあるので、うまく活用してお得にカードローンを利用できますよ。

金融業者名 プロミス
審査時間 最短30分
融資までの時間 最短1時間
利用限度額 500万円
年率 4.5%~17.8%
無利息期間 初回30日間

カードローンを利用する時に注意しておきたいこと

注意しておきたいこと

さいごに、30万円を即日で借りるためのカードローンを利用する時に、注意しておくべきポイントを解説していきます。

  • 申し込み時間
  • 安定した収入があること
  • 返済できる見込みがあること

申し込み時間

確実に即日で30万円借りるためには、カードローンを申し込む時間や曜日に気をつけておきましょう。即日カードローンでお金を借りるには、「銀行振込」と「ローンカード」を利用してキャッシングする方法がありましたよね。

銀行振込で即日キャッシングするには「平日の14時〜15時まで」には確実に申し込み、審査、契約、キャッシング手続きを済ませる必要があります。ですから、銀行振込での即日キャッシングするためには、午前中には申し込みを済ませておきましょう。

ローンカードでの提携ATMから即日キャッシングをする場合は、銀行振込よりも時間や曜日に余裕があります。この自動契約機は平日はもちろんのこと、土日や祝日も営業していて、さらに夜遅くまで営業しているので、会社帰りにローンカードを発行したり、土日祝日にもローンカードを即日発行して、即日キャッシングを利用できるのです。

お近くに自動契約機がない人は、銀行振込での即日キャッシングを成功させるために、必ず平日の午前中に申し込みを行なっておきましょう。

安定した収入があること

カードローンを発行する消費者金融では、安定した収入があればフリーターやパート、派遣社員の方でも簡単に審査に通過させられます。もちろん、収入がない人にはカードローン会社もお金を貸してくれません。

銀行系や非銀行系などの消費者金融と銀行のカードローンでは、基準となる年収の審査基準は若干異なっていて、「消費者金融カードローンでは年収150万円前後」「銀行カードローンでは年収250万円前後」が審査通過のためのボーダーラインと言われています。

また、ボーダーライン以下の年収でもカードローン審査に通過できる場合も多いのですが、消費者金融のカードローンで30万円を借りたい時には「総量規制の制限を受けない90万円以上の年収(=総量規制では年収の3分の1が利用限度額となるため)」が必要となるので、気をつけておきましょう。

返済できる見込みがあること

カードローンで30万円借りるためには、安定した収入が必要で、さらに「完済を行う意思」も必要となります。カードローンで借りたお金は必ず完済させなければならないので、借り入れ前から返済シミュレーションを行い、月々どのくらいの金額を返済していくのか把握しておきましょう。カードローンの公式サイトでは無料で利用できる返済シミュレーションも提供されているので、カードローン申し込み前に確認してみましょう。

まとめ|カードローンで即日30万円の借り入れを行なって資金不足を切り抜けよう

資金不足を切り抜けよう

30万円が急遽必要になった時には、カードローンを利用して資金不足を切り抜けましょう。この記事でも解説してきたように、カードローンの審査自体は決して難しいものではなく、安定した収入があれば誰でも簡単に利用できるものとなっています。

ただし、即日融資で30万円を借りる時には申し込み時間や、融資方法をしっかりと確認した上で手続きを行うことが、即日キャッシングを成功させる最善の方法と言えるでしょう。ぜひこの記事を参考にして、ぜひ30万円の即日融資を成功させてみてくださいね。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

モビット「審査時間・即日融資・在籍確認」の評判!借り入れ・申込方法

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ