カードローンはアルバイトでも利用できる?アルバイトでも審査に通過するコツ

更新日:2017年10月4日 公開日:2017年7月26日394 view

アルバイトで生計を立てている人も、急にお金が足りなくなってしまい、カードローンでお金を借りたいと思う場合もあると思います。そこでこの記事では、アルバイトの人がカードローンを利用する時のポイントや、注意しておきたいポイントについて徹底解説していくので、カードローン利用時の参考にしてみてくださいね。

アルバイトの人は審査基準が低いカードローンを利用しよう

アルバイトの人は審査基準が低いカードローンを利用しよう

カードローンはアルバイトの人でも利用できます。ただし、アルバイトという雇用形態は少しステータスが弱い傾向にあるため、できるだけ審査基準が緩やかなカードローンを選びましょう

アルバイトの人は消費者金融のカードローンに通過させやすい

審査基準が緩やかなカードローンは消費者金融から提供されています。ほとんどのカードローンは銀行や消費者金融から提供されているのですが、銀行のカードローンはやや審査基準が高いためです。

消費者金融と銀行カードローンの審査通過率の違い

消費者金融と銀行カードローンの審査基準の違いは、審査通過率によって確認できます。

消費者金融と銀行カードローンの審査通過率
金融業者 消費者金融カードローン 銀行カードローン
審査通過率 35%前後 55%前後
審査難易度 やや高い 緩やか

このように、消費者金融と銀行のカードローンでは審査通過率が約20%程度の違いがあります。ですから、ステータスが少し弱いアルバイトの人は少しでも審査通過率が高いカードローンを選ぶことをおすすめします。

消費者金融の審査通過率55%の通過率は?

消費者金融のカードローンの審査通過率はおよそ55%程度になっているのですが、「2人に1人しか審査通過しないのは審査難易度が高い?」と思う人もいるかもしれません。実はこのカードローンの申込者の中には、そもそもカードローン審査に通過しない「ブラックリストの人」「無職の人」なども多く含まれているため、審査通過率が低くなっているのです。アルバイトの人でも安定した収入かあればカードローン審査に通過できるので、しっかり働いているアルバイトの人は安心してカードローンに申し込んでみましょう。

消費者金融のカードローンに通過したアルバイトAさんの体験談

ここで、実際に消費者金融のカードローン審査に通過できたAさんの体験談を確認してみましょう。

Aさん26歳アルバイト 年収220万円 勤続年数2年 消費者金融で30万円のカードローン審査に通過

「友人が結婚ラッシュで、ご祝儀のお金に困っていました。そこで、アルバイトでも利用できるカードローンを探していたところ、消費者金融のカードローンが利用しやすいと書いていたので、実際に申し込んでみました。僕はアルバイトなので審査に通過できるのか不安だったのですが、即日キャッシングで30万円ものお金を借りられたので本当に助かりましたよ。現在返済中なんですが、しっかりと完済できるように頑張っています。」

アルバイトでも簡単に即日キャッシングも期待できる

このアルバイトのAさんのように、しっかりと安定した収入があれば、アルバイトの人でも比較的簡単にカードローン審査に通過できるんです。資金不足に困っている時にはカードローンをうまく活用して、資金繰りに役立ててみましょう。また、消費者金融のカードローンであれば即日キャッシングも期待できるので、急な資金不足にも対応してもらえるでしょう。

アルバイトの人がカードローンを申し込む時にチェックされる項目とは?

申し込む時にチェックされる項目とは?

アルバイトの人でもカードローン審査に通過できるのですが、カードローン審査の時に重要となる項目を確認していきましょう。しっかりとポイントを抑えておき、確実にカードローン審査に通過できるようにしておきましょう。

アルバイトの人がカードローン審査で重要視される項目

アルバイトの人は正社員の人に比べると、カードローン審査時のステータスが弱い傾向にあります。そこで、アルバイトの人でも確実に審査に通過させるために、これから解説していく項目をしっかりと抑えておきましょう。

  • 勤続年数
  • 年収
  • クレジットヒストリー(クレヒス)

勤続年数

アルバイトの人がカードローンを申し込む場合は、ある程度の勤続年数が必要です。勤続年数が審査に影響するのは正社員である場合も同じですが、アルバイトの人は最低1年以上勤続年数がある方が審査に通過しやすい傾向にあります。

カードローンの審査とは、利用者の「返済能力の有無」を確認される項目となるので、「長い勤続年数=長期の安定収入」という判断をされるため、少しでも長い勤続年数があるほうがカードローン審査に通過しやすいんです。しかし、1年以上の勤続年数があれば、審査に不利とはならないので十分にカードローン審査通過を目指せるんですよ。

年収

アルバイトの人でもカードローン審査に通過できるとは言え、あまりにも稼ぎが少ない場合は「返済能力が認められず審査に落とされる」可能性が高いです。一般的には銀行カードローンの審査に通過する年収は200万円〜250万円以上消費者金融カードローンの審査に通過する年収は150万円以上と言われています。

もしあなたが十分な収入を得られていないと思うのであれば、少しでも収入を得られるようにアルバイトを増やしたりして、ある程度の年収を確保してみてください。カードローン審査は年収が最も大きなウェイトを占めると言えるので、最低限通過できるような収入を得てからカードローンに申し込んでみてくださいね。

クレジットヒストリー(クレヒス)

カードローン審査には、クレジットヒストリー(クレヒス)と呼ばれている信用情報も審査対象となります。また、この信用情報の履歴によってはカードローン審査にあっさり落とされてしまう可能性もあるので、十分に注意しておかなければなりません。

ちなみに信用情報とは、あなたが過去に利用したカードローンやクレジットカードなどの利用履歴となります。返済、支払いに延滞や遅延などを起こしていなければ信用情報に良い履歴が残されていますが、返済時にトラブルを起こしてしまった場合は、信用情報にその履歴が残されていくんです。ですから、過去に未納や滞納など、返済時のトラブルに覚えがある人はカードローン審査に落とされてしまう可能性もあるので気をつけておきましょう。

信用情報に残るトラブル内容と期間
トラブル内容 信用情報に残される期間
滞納や未納 2年間
自己破産 最低5年〜10年間

このように、返済履歴は2年間、最も大きな金融事故である自己破産の場合は5年〜10年の間ブラックリストに入ってしまうんです。

アルバイトの人のカードローンは早めの返済を心がけよう

アルバイトの人のカードローンは早めの返済を心がけよう

アルバイトの人でも、1年以上の勤続年数と100万円〜150万円前後年収があれば、簡単にカードローンを利用できるのですが、借り入れた後には早めの返済を目指してカードローンの利息を抑えてみることをおすすめします。

アルバイトの人でも審査通過しやすい消費者金融のカードローンは金利が高い!?

アルバイトの人でも簡単に審査通過が見込める消費者金融のカードローンなのですが、ほとんどの消費者金融では18%という国が定めている利息制限法の上限ギリギリの金利に設定されています。

早く完済するほど利息を抑えられる

利息は借り入れた金額と期間によって異なります。もちろん、大きなお金を長期的に借りる方が利息が高まるので、返済総額が大きく膨らんでしまうんですよね。

30万円を金利18%で1年と5年で返済する時の返済総額の違い
返済期間 1年(12回払い) 5年(60回払い)
返済総額 330,048円 457,082円
毎月の返済額 27,504円 7,618円

このように、長期で借りるほど利息が高くなっていくので、返済総額に大きな違いがあるんです。少しでも返済総額を抑えたい人は、毎月の返済額が高くなってでも短期間で完済するように計画してみましょう。

アルバイトの人は大きなお金はキャッシングできない

正社員に比べて収入の少ないアルバイトの人は、そこまで大きなお金を借りられないのです。ですからアルバイトの人は、30万円〜50万円程度の上限が一般的な金額となります。アルバイトの人はそこまで大きなお金を借りられないので、「繰上げ返済を行って短期間での完済も目指しやすい」と言えるかもしれませんね。

アルバイトの人がカードローン審査に通過できない時は?

アルバイトの人がカードローン審査に通過できない時は?

カードローンの審査に落とされてしまう人は、必ず何かしらの理由があるはずです。もし、カードローン審査になかなか通過しないという人は、下記の項目をチェックしてみてくださいね。

  • 勤続年数が短い
  • 安定した年収が認められない
  • クレヒスに傷がある
  • すでに他社のカードローンを利用している

アルバイト勤続年数が短い

アルバイトの人がカードローン審査に落とされてしまう理由として、勤続年数が極端に短いことが考えられます。先ほども解説したように、1年以上の勤続年数を積み上げてからカードローンに申し込む方が無難ですよ。

安定したアルバイトの年収が認められない

アルバイトの人がカードローンを利用するためには、安定した収入が必須となります。もちろん借りたお金を完済する契約でお金を借りているからですよね。ですから、あまりに収入が少ない人や、季節労働で1年のうちで無職期間があるような人の場合は、安定した収入として認めてもらえない可能性もあります。

少しでアルバイトの収入が増えただけで簡単にカードローンに通過することもある

しかし、少し収入が増えるだけで簡単に審査に通過できる可能性もあります。ですから、年収が少ないと思っている人は少しでもアルバイトを行って、年収を上げておくことをおすすめします。

クレヒスに傷がある

信用情報に傷がある場合も審査に不利となるので、年収や勤続年数があったとしても信用情報によってカードローンに落とされてしまう可能性があるんです。1回程度の滞納であれば「うっかり支払いを忘れただけかな?」と判断されることも多いので、審査に不利にはならない場合が多いです。しかし、何度も滞納している履歴が残っている人は、「返済をしっかりと行ってくれない人」として見られてしまうので、審査に不利な状況となってしまいます。

自分のクレヒスを確認したいときには?

クレヒスは国内の3つの信用情報機関で保管されています。それぞれ「消費者金融カードローンの履歴」「クレジットカードの履歴」「銀行系の履歴」と3つの信用情報機関によって管理されている履歴が異なるのですが、実は3つの情報機関間で履歴が共有されているので、どこかで返済事故を起こしてしまった場合には、すぐに参照されてしまうんですよ。

また、自分のクレヒスにどのような履歴が残されているのか知りたいという人は、「信用情報の開示」を行うことで、誰でも簡単に自分の信用情報を確認できるのです。手数料には1,000円程度かかるのですが、スマホからでも簡単に調べられるので、自分の信用情報が不安な人はカードローン申し込み前にチェックしてみましょう。

すでに他社のカードローンを利用している

もしあなたが他社のカードローンを利用している場合も、新規のカードローン審査に不利となります。また、近年ではどのカードローンも年収の3分の1以内の借入れしかできない場合が多いので、他社ですでに年収の3分の1のお金をキャッシングしている場合は、必然的にそれ以上のお金を借り入れできないので、カードローン審査に落とされてしまうんです。

また、借入総額が年収の3分の1未満であっても、3〜4社以上の借入れは多重債務と見なされてしまうので、カードローン審査に通過しにくくなります。もし現在他社のカードローンを利用している人は、全てのカードローンを完済した上で新規カードローンに申し込んでみるようにしましょう。

アルバイトでも条件さえ合えば簡単にカードローンを利用できる

アルバイトでも条件さえ合えば簡単にカードローンを利用できる

カードローンの審査基準は比較的緩やかである場合が多いので、アルバイトの人でも十分にカードローン審査に通過できる見込みがあります。また、はじめてカードローンに申し込む人は、審査に通過できるか不安な人も多いと思います。消費者金融カードローンの公式サイトでは、「簡易診断」という名称で、3〜4つの項目(年収、年齢、雇用形態)などを入力するだけですぐに審査結果を教えてくれるチェックツールなども用意されているので、審査に不安な人は一度簡易診断を利用してみるのもおすすめですよ。

大手カードローンが通過しなくてもヤミ金の利用はやめておくこと

また、どうしてもカードローン審査に通過しない人は、できるだけ審査基準が低いカードローンに申し込む傾向にあります。大手カードローンに何社も落とされてしまう人の中には気持ちが焦ってしまって冷静な判断ができなくなり、ヤミ金と呼ばれる悪徳業者に引っかかってしまう場合もあるんです。ヤミ金を利用してしまうと、必ず大きなトラブルに巻き込まれてしまうので、絶対にヤミ金には手を出さないように注意してくださいね。

アルバイトでもしっかりと働いている人は簡単にカードローンが利用できる

しかし、アルバイトでしっかりと安定収入を得ている人は、大手のカードローンでも簡単に通過できる傾向にあるので、うまく活用することで資金繰りを改善できるでしょう。ぜひこの記事を参考にしながら、アルバイトの人もカードローンを利用して急な資金不足を乗り越えてみてくださいね。

関連コラム

人気・安心のカードローンはこちらPOPULARITY

当サイトからの申し込み数が多く満足度の高いカードローンを厳選

アイフルキャプチャ

アイフル

アイフルの借り方・返済の仕方・メリット・デメリットについて解説します

SMBCモビットキャプチャ

SMBCモビット

モビット「審査時間・即日融資・在籍確認」の評判!借り入れ・申込方法

楽天銀行スーパーローンキャプチャ

楽天銀行スーパーローン

楽天銀行スーパーローンの申込や審査・借入・返済の仕方について

住信SBIネット銀行MRカードローンキャプチャ

住信SBIネット銀行MRカードローン

住信SBIネット銀行ミスターカードローンは低金利が魅力!

横浜銀行カードローンキャプチャ

横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローンは東京都や神奈川県に住んでいる人におすすめ